ともに生きる 誰もが安心して暮らせる地域をつくるための情報を届けたいと思います。あなたの情報もお寄せください。
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2018年05月19日 03時05分41秒 更新

JR駅無人化に反対する署名が開始されました

以下、転載です。

 だれもが利用できる公共交通としての鉄道が大きく変えられようとしています。
 これまで公共交通を中心的に担ってきたJR九州が、大分市で一挙に駅員を減らして駅を無人化しようとしているのです。すでに、1駅が無人化され、大幅に減便が行われました。
 障がいのある人からは、「駅員さんがいなくなると安心して乗れなくなる」「予約をしないと乗れないのは差別」、地域の人は「高齢者が利用しにくくなる」「地域がさびれる」等と強い反対の声が上がっています。しかしJR九州は、一部を延期したものの、無人化と減便を進める姿勢をまったく変えていません。
 また、「スマートサポートステーション(S.S.S.)の導入により、駅員がいる現状より安全になる」などと説明していますが、一人が10駅のテレビカメラを監視して係員を派遣するというのですから間に合わないことが多くなるでしょう。とても責任ある対応とは言えません。
 驚くことに、県内JR85駅中55駅が既に無人化されています。このまま見過ごしてしまうと、大分市だけでなく大分県内全域に無人化や廃駅が進み、それは九州全域にも及ぶことになります。地域の交通を守るためには、残された数少ない有人駅である大分市内の駅無人化を食い止めなければなりません。
 JR(日本旅客鉄道)はもともと国有鉄道(国鉄)でした。国の財産を受け継いで、駅に商業施設をつくり、様々な事業を運営することによってJRは利益を上げています。公共交通である鉄道を「赤字」を理由に切り捨てていくことはできない立場の企業であるはずです。
 私たちは、公共性を失いかけているJR九州に対して、しっかり声を上げたいと思います。
 このため、「障害者の生活と権利を守る大分県連絡協議会」、「大分県障がいフォーラム実行委員会」と協力して、障がいのある人や地域の人たちの声を広く多く集めるための署名活動を行うことにしました。
 今後、皆様とともにより多くの皆様、自治会をはじめとする地域の団体などに呼びかけを広げていきたいと考えています。
 どうぞご協力をよろしくお願い申し上げます。

※呼びかけ文及び署名用紙はつくる会のホームページでダウンロードすることができます。
※署名の期間は8月10日までとさせていただき、署名をいただいた用紙の集約はつくる会事務局(在宅障害者支援ネットワーク)が行いますので、ご送付(住所は下記)いただくかご連絡いただきますようお願いいたします。

***************************
 だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会

  大分市都町2丁目7-4 303号
     在宅障害者支援ネットワーク気付
     TEL 097-513-2313 FAX 097-529-7212
     ホームページ http://daremoga-oita.net/
     E-mail    info@daremoga-oita.net
***************************

スポンサーサイト
2018年05月19日 03時05分41秒 in 県条例づくり
トラックバック (0) コメント (0)

2018年04月20日 16時31分05秒 更新

だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会第19回会議のご案内

転載です。

 だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会第19回会議は、5月2日(水)18時30分から大分市の大分コンパルホール3階302会議室で開催されます。
 前回(第18回)会議では、JR九州の駅無人化の広がりを止めるための反対署名や旧優生保護法による不妊手術の問題などについて話し合いました。
 JRの駅無人化については、「このまま見過ごすと大分県内、さらに九州全域に広がる」として、様々な団体等にも呼びかけて困っている声を集めながら署名の取り組みを具体化することを確認しました。
 今回の会議では「駅無人化反対署名」をスタートすることになります。
 障がいのある人たちと地域の人たちが連携して「公共交通を守り取り戻す」取り組みを開始する会議です。

2018年04月20日 16時31分05秒 in 県条例づくり
トラックバック (0) コメント (0)

2018年03月28日 01時52分34秒 更新

第18回だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会は4月2日です

 第18回つくる会は、4月2日(月)の18時30分から大分コンパルホール3階302会議室で開催されます。
 JR駅の無人化問題、大分市をはじめとする自治体の条例づくり、旧優生保護法による不妊手術問題などについて話し合います。ぜひご参加ください。

2018年03月28日 01時52分34秒 in 県条例づくり
トラックバック (0) コメント (0)

2018年03月01日 11時02分00秒 更新

2017年度「別府市における障害者インクルーシブ防災」事業報告会「みんなが助かるために」のご案内(転載)

転載

   2017年度「別府市における障害者インクルーシブ防災」事業報告会「みんなが助かるために」のご案内

 市民の安心と安全のためにご尽力いただいておりますとともに、障がい者・高齢者など災害時要配慮者を含めた防災のためにご協力いただいておりますことに心より感謝申し上げます。
 別府市と福祉フォーラムin別杵速見実行委員会はこの2年間、災害時要配慮者(要支援者)の支援の仕組みづくりに向けて日本財団の助成を受けながら、様々な取り組みを行ってまいりました。
その結果、①障がいのある人の「当事者力」と住民の皆さんの「地域力」の向上②福祉専門家が参加する個別支援計画の作成にもとづく要支援者情報の共有③当事者・地域・福祉関係者・行政等が連携した避難・避難所訓練-などの課題を明らかにするとともに、その具体化に向けた取り組みを着実に進めることができました。
今回の報告会は、この1年間の取り組みについて報告してその成果を共有していただきますとともに、熊本地震で被災地障害者支援センターくまもとの事務局長として支援にあたられた東俊裕さん(弁護士・熊本学園大学教授)を招いて講演をしていただきます。
 「みんなが助かる」ための防災について考える貴重な機会になるものと考えています。ご多忙のことと存じますがぜひご参加いただきますようご案内申し上げます。

           記

1,日時 3月4日(日)13時30分~16時30分
2,会場 別府市役所 5階 大会議室
3,内容
①別府の取り組み報告
②熊本からの報告 東俊裕先生(弁護士・熊本学園大学教授)
③意見交換
④来年度の取り組みについて

問合せ先 別府市共創戦略室防災危機管理課 村野 TEL:21-2255(内線2333)


2018年03月01日 11時02分00秒 in 災害時要援護者支援
トラックバック (0) コメント (0)

2018年02月02日 11時58分59秒 更新

「JR駅無人化に抗議する集会」が2月12日に開かれます

 JR九州は3月17日のダイヤ改正で、大分市内の大分市内の10駅にスマートサポートステーションを導入し、8駅を新たに無人化、また40本近い列車の運行を廃止するとしています。
 これに対して、地域や障がいのある人たちから反対の動きが強まっています。2月12にはだれもが安心して暮らせる大分県をつくる会が呼びかけて「JR駅の無人化に抗議する集会」が開かれます。
 以下、案内文を転載します。

「JR駅の無人化に抗議する集会」の呼びかけ

 JR九州は大分市内の10駅にスマートサポートステーション(以下S.S.S)を導入し、これに伴い8駅を新たに無人化することを発表しています。昨年12月2日から大分市内で10回行われた説明会では、地域の人々や障がいがある人、PTA、福祉関係者等から多くの反対の声が出され、関係自治体や議会においても反対の姿勢が明らかにされています。しかし、青柳俊彦社長は12月25日の記者会見で「(導入の)方針に変わりはない」という姿勢を示し、1月26日には「3月17日実施」を明らかにしたと報道されています。
 私たちは「障がいのある人が住みやすい社会はだれもが住みやすい社会」という考え方にもとづいて、障がいのある人やその家族、福祉関係者、法律家、学者など様々な立場の県民が集まって、条例づくりや啓発などの取り組みを行ってまいりました。その基本には国連障害者権利条約の「(障がいは)社会に完全かつ効果的に参加することを妨げるものによって生ずる」というとらえ方(社会モデル)があります。それは「障がいは本人や家族の責任ではない」「障がいを社会全体の問題として考える」ということに他なりません。誰もが年を取り、心身が不自由になっていきます。社会全体で支えあうことなしに地域の生活は成り立ちません。「障がいのある人もない人も心豊かに暮らせる大分県づくり条例」でもこの考え方にもとづいて、合理的配慮を行うことと公共交通機関における差別の禁止を定めています。
 公共交通を担うJRには、地域の人々を支える使命があり、単なる営利企業として利潤を上げることを優先してはならないはずです。JRはもともと国有鉄道であり、その資産を引き継いでいます。地域住民や障がい者の反対の声を無視して今回の8駅無人化を強行することは許されないことだと考えます。
 私たちは、地域住民の皆さん、JRで働く皆さん、障がいがある人や福祉関係者の皆さん、議員や行政の皆さんなどに広く呼びかけ、「JR駅の無人化に抗議する集会」(仮称)を開催したいと考えます。
 ぜひともご賛同いただき、ご参加いただきますようお願い申し上げます。



1,日時 2018年2月12日(月・休)13時30分
2,場所 大分コンパルホール 3階 多目的ホール
3,内容
(1)S.S.S導入と無人化に対する意見
(2)JR・公共交通のあり方に対する意見
(3)集会決議

  だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会
共同代表 阿部実・徳田靖之・平野亙・宮西君代・湯澤純一・寄村仁子
事務局 大分市都町2丁目7-4 303号 在宅支援ネット気付
TEL 097-513-2313 FAX 097-529-7212

2018年02月02日 11時58分59秒 in 県条例づくり
トラックバック (0) コメント (0)

2018年01月25日 14時59分53秒 更新

第2回 相模原事件を考えるシンポジウム~みんなで話そう~を開催(1月28日)

 昨年(2017年)7月に開催しました「相模原事件を考えるシンポジウム」(ニュースレター第19号で報告)で提起された課題をさらに深め、二度と同じような事件を起こさないようにするための取り組みとして、「第2回相模原事件を考えるシンポジウム」が本年(2018年)1月28日(日)に大分県総合社会福祉会館で開催されます。
 今回のテーマは「みんなで話そう」です。
 第1回シンポジウムで十分にきるだけ多くの人に出していただけるように発言の時間を多く取っています。
   ぜひご参加ください。

○第2回相模原事件を考えるシンポジウム「みんなで話そう」
   日時 2018年1月28日(日)13時30分~16時
   場所 大分県総合社会福祉会館 4階 大ホール
                 大分市大津町 2丁目1番41号
  ・入場無料
  ・手話・要約筆記を行います。
  ・駐車場には限りがありますのでできるだけ乗り合わせでお出でください。

   主催 だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会・大分県障がいフォラーム実行委員会
   事務局 在宅障害者支援ネットワーク

2018年01月25日 14時59分53秒 in 県条例づくり
トラックバック (0) コメント (0)

2018年01月15日 12時11分00秒 更新

だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会第16回会議のご案内(転載)

だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会第16回会議(事務局会議)は1月16日(火)に大分コンパルホールで開催されます。
 
  日時 2018(平成30)年1月16日(火)18時30分
  場所 大分コンパルホール 3階 302会議室

 今回は、1月28日の「第2回相模原事件を考えるシンポジウム」及びJR駅無人化問題への対応などを中心に話し合われます。

以上、転載。

2018年01月15日 12時11分00秒 in 県条例づくり
トラックバック (0) コメント (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

ようこそ since2011.3.7

RSSリンクの表示

QRコード

QR


   
copyright (c) ともに生きる all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。