FC2ブログ
ともに生きる 誰もが安心して暮らせる地域をつくるための情報を届けたいと思います。あなたの情報もお寄せください。
全記事一覧
管理ページ

2011年06月22日 10時53分39秒 更新

映画「いのちの作法」-大分市で上映(7月3日・鴛野校区公民館)

 佐伯市と津久見市の福祉フォーラムで上映され好評だった映画「いのちの作法」が7月3日、大分市の鴛野校区公民館で上映されます。益金は震災復興支援に寄付されるとのことです。

日 時 2011年7月3日(日)
会 場 大分市鴛野校区公民館 TEL097-567-4988(大分市立鴛野小学校 隣) 
上映開始時間 1回目10:00~ 2回目13:30~ 3回目16:00~ 4回目19:30~(上映時間120分)
料 金 一般 800円/高大学生 300円/小中学生 100円(当日それぞれ200円増)
問い合わせ 鴛野校区公民館 TEL097-567-4988
       シネマステーション大分 TEL 097-542-1185 担当海野
主 催 鴛野校区映画を見る会
その他 小さなお子さんをお預かりします。電話にてご予約ください。

佐伯市のフォーラムで観たときの感想(tomoniikiru)
 「人間のいのちに格差があってはならない」「私は住民の命を守るために自分の命をかける」と決意した深沢村長を先頭に、国に先駆けて医療費を無料化し,乳幼児死亡率をゼロにした岩手県西和賀町(当時は沢内村)の現在のドキュメント。障がいがある人も、お年寄りも、赤ちゃんも、お母さんも、そして地域のいろんな人たちが、支え合う姿が描かれていました。
 そのなかで私は,障がいがある娘が入所している施設を訪れた100歳になるおじいさんがうつむいて「私はもう少しだから後はよろしく」と言うと,施設の人は「大丈夫!ワークステーションがあるから大丈夫」と笑顔で応えたシーンが心に残りました。地域に「大丈夫」と言ってくれる人がいれば、悲しい心中事件はなくなるだろうと思えました。
 そして印象に残った言葉の数々。「地域を孤立させない。住民を孤独にさせない」「子どもたちに寂しい思いをさせたくない」「国がやらなければ私たちがやる。国は後からついてくる」「集まる楽しさ」「人は、人の痛みを知らないと、人になれない」「伝えなければならないのは,人とのつながり、優しさ、思いやり」― 地域で暮らす人たちが,こんなにもあたたかくなれる。自分たちの地域を考えて,自分たちでつくっていける。そう実感できた映画でした。

2011年06月22日 10時53分39秒 in 行事の案内
トラックバック (0) コメント (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

ようこそ since2011.3.7

RSSリンクの表示

QRコード

QR


   
copyright (c) ともに生きる all rights reserved.
Template by JDB