ともに生きる 誰もが安心して暮らせる地域をつくるための情報を届けたいと思います。あなたの情報もお寄せください。
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2011年12月27日 15時18分18秒 更新

別府市条例づくり 第1回条例制定作業部会の報告

 12月26日、別府市役所で別府市障害者自立支援協議会「条例制定作業部会」の第1回会合が行われました。
 別府市がめざしている「障がいのある人もない人も安心して安全に暮らせる別府市条例(仮称)」の制定の具体的な第一歩の集まりです。

 24名の委員のうち22名が参加し、部会長に荻野忠好さん(社会福祉法人別府市知的障害者育成会理事長)、副部会長に西田幸生さん(別府市身障協会長)が選出されました。

 委員のうち6名が障がい当事者、家族を加えると過半数という画期的な構成になっています。(ちなみに自立支援協議会には当事者の参加はなく、“当事者専門部会準備会”に1名が参加しているのみ)

 第1回会合は顔合わせということで、自己紹介と部会の役割、スケジュール、会議の進め方の確認が主な内容でした。

 部会の役割については、12月22日の自立支援協議会で決定された「条例制定作業部会設置規定」にもとづいて、「条例の骨格の検討を効果的に行う」と説明されました。

 スケジュールについては、
「来年(2012年)8月まで9回の作業部会を開き、自立支援協議会の答申案をとりまとめる→9月に自立支援協議会が市長に答申を行う→これを受けて10月に市は「庁内検討委員会」を設置する→庁内検討委員会は12月までに条例案を作成→再来年(2013年)1月に条例案のパブリックコメントを実施→3月に市から自立支援協議会に条例案の内容を報告→4月に市議会の構成消防委員会を開催→6月に条例案を議会に提出」
 とのことです。

 会議の進め方では、議題を第2回条例の理念、第3回条例制定に向けた論点整理、第3~7回各分野(現在8項目を想定)ごとの内容の話し合い、第8・9回答申案のとりまとめとなっています。

 それぞれの会議に向けては、2週間前に会議資料が委員に送付されます。1週間前には委員から配付したい資料を事務局に届けます。会議当日には会議資料が別府市公式ホームページで公開されます。
 また議事録は、会議の1週間後に委員に送付され、2週間後には別府市公式ホームページに掲載される予定です。また、傍聴もできます。

 参加者からは、「安心(防災)の面を積極的に打ち出してもらいたい」、「関係者を部会に呼んで意見を聞けるようにしてもらいたい」、「障害者・家族の声を積極的に反映してもらいたい。そのために県条例づくりのアンケートも活用してもらいたい」、「市民への周知にも力を入れ、実情を市民も共有できるように」などの意見が出されました。

 事務局及び市からは、「関係課は部会に呼ぶことができる」、「別府市民のアンケート回答は活かせるようにしたい」、「条例案ができた段階で“タウンミーティング”を開きたい」などの回答がありました。

 初めての会議でしたが、議論内容もすべて公開されることになっており、課題を共有し、開かれた議論が行われる場が設置されたと感じました。

 情報は別府市公式ホームページ「条例制定作業部会」で見ることができます。

 ※傍聴も可能です。

スポンサーサイト
2011年12月27日 15時18分18秒 in 別府市条例づくり
トラックバック (0) コメント (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

ようこそ since2011.3.7

RSSリンクの表示

QRコード

QR


   
copyright (c) ともに生きる all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。