FC2ブログ
ともに生きる 誰もが安心して暮らせる地域をつくるための情報を届けたいと思います。あなたの情報もお寄せください。
全記事一覧
管理ページ

2014年08月12日 10時22分44秒 更新

別府市で「講演会 東日本大震災での避難所調査から」、9月7日に開催

 福祉フォーラムin別杵速見実行員会(代表 西田幸生)は9月7日、 障がい者等の防災を考える研修会の第2回として別府市役所レセプションホールで、「講演会 東日本大震災での避難所調査から」を開催します。

以下、呼びかけ文を転載します。

 私たちは、7月に行った第1回の研修会で、別府市には地震、津波、噴火、水害など、様々な災害の可能性があることを学びました。講師の竹村惠二・京都大学大学院教授は災害の可能性を指摘しながら、関の江地区を例に具体的に自分たちの地域を調べ、対策を考えていくことが大切だと話してくださいました。
 第2回研修会では、地域づくりや「協働」の専門家で、東北大震災では避難所の調査を行い、課題や可能性を検討した結果、「『避難所』から『被災者支援拠点』へ」という方向性を提起された川北秀人さんを講師にお迎えします。災害になる前に、障がい者や高齢者など災害時要支援者と呼ばれる人たちを含めた被害の想定を行い、実際的な訓練を行ったり、人材を育成することなどの大切さ、そして具体的な作業の進め方などを地域の皆さんと一緒に学習したいと考えています。ぜひご参加ください。

日時 9月7日(日)13時~16時
場所 別府市役所 レセプションホール     入場無料(第1回からの参加も歓迎します)
講師 IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 川北 秀人 代表

     福祉フォーラムin別杵速見実行委員会 連絡先
        別府市北浜3丁目11-25 永井ビル ㈱リフライ内(担当 首藤)
        TEL:0977-75-9621 FAX:097-75-9622メールアドレス:syuto@refly.co.jp

スポンサーサイト
2014年08月12日 10時22分44秒 in 別府市条例づくり
トラックバック (0) コメント (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

ようこそ since2011.3.7

RSSリンクの表示

QRコード

QR


   
copyright (c) ともに生きる all rights reserved.
Template by JDB