FC2ブログ
ともに生きる 誰もが安心して暮らせる地域をつくるための情報を届けたいと思います。あなたの情報もお寄せください。
全記事一覧
管理ページ

2017年04月14日 10時18分37秒 更新

だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会(第9回会議)について

 だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会は3月30日、大分市のコンパルホールで第8回会議(事務局会議)を開催しました。
 
 懸案だった精神障がい者のバス運賃の割引が来年度から実現する見通しであること、また精神科救急医療体制についてもこの4月から24時間365日の緊急相談が開始されることが3月県議会で明らかにされたことなどが報告されました。県議会では「県条例ができたこともあり」という指摘が何度も聞かれたという報告もありました。
 大分市議会議員へのアンケート結果については回答が最終的に9名だったことが報告されました。
 
 今後の取り組みについては、つくる会の「2017年総会」を6月17日に開いて条例施行1周年の検証と「親なきあと」の取り組み報告を受けて意見交換すること、「相模原事件を考えるシンポジウム」(仮称)を7月に開催することなどが確認されました。
 また市町村における条例づくりについても働きかけをより具体化していくことを確認しました。
 
 4月26日に第9回会議を開いて、具体的な内容などについて話し合う予定です。ぜひご参加ください。
 
 1,つくる会第9回会議(事務局会議)
    日時 4月26日(水)19時
    場所 大分市 コンパルホール 3階302会議室

スポンサーサイト
2017年04月14日 10時18分37秒 in 県条例づくり
トラックバック (0) コメント (0)

  BLOGTOP  
リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

ようこそ since2011.3.7

RSSリンクの表示

QRコード

QR


   
copyright (c) ともに生きる all rights reserved.
Template by JDB