ともに生きる 誰もが安心して暮らせる地域をつくるための情報を届けたいと思います。あなたの情報もお寄せください。
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2017年06月28日 12時26分13秒 更新

『相模原事件を考えるシンポジウム』のご案内

  『相模原事件を考えるシンポジウム』のご案内を転載します。

 「『障がいのある人もない人も心豊かに暮らせる大分県づくり条例』を“絵に描いた餅にしない”」ための取り組みにご理解とご協力をいただいておりますことに感謝申し上げます。
  『相模原事件を考えるシンポジウム』のご案内です。
 昨年7月26日、神奈川県相模原市の障がい者施設「津久井やまゆり園」にて入所者19 名が亡くなり、職員を含む26 名が負傷するという悲惨な事件が起こりました。
 犯人は、元施設職員でした。なぜ?そういう思想に至ってしまったのか?
 「精神を病んだ若者が起こしてしまった事件」と決めつけてはいけない、もっと複雑でたくさんの問題があり、整理して考えていく必要性があると思います。
 『最重度の障がいを持つ方も地域の中で安心して生きていける社会』を願って、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。
 ぜひご参加いただきまうようご案内申し上げます。

○相模原事件を考えるシンポジウム 〜あの事件から1年 私たちは、どう受け止めたのか?~
 
 ・日時 7 月29 日(土)13 時30 分〜16 時
 ・場所 大分市ホルトホール(大分駅南側) 3 階 302・303 会議室
 ・内容
  ①事件の説明 廣野俊輔 氏
  ②—当事者としてどう受け止めたのか?—
    宮西君代 氏 重度脳性マヒ者の存在と地域との関わりについて
    湯沢純一 氏 視覚障がいを持つ立場で
  ③パネルディスカッション
    コーディネーター 平野 亙 氏
    パネラー     徳田靖之 氏
               寄村仁子 氏
               宮西君代 氏
               阿部哲三 氏
 主催 だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会・大分県障がいフォラーム実行委員会

チラシです。
相模原事件を考えるシンポジウム20170729


スポンサーサイト
2017年06月28日 12時26分13秒 in 県条例づくり
トラックバック (0) コメント (0)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

ようこそ since2011.3.7

RSSリンクの表示

QRコード

QR


   
copyright (c) ともに生きる all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。