FC2ブログ
ともに生きる 誰もが安心して暮らせる地域をつくるための情報を届けたいと思います。あなたの情報もお寄せください。
全記事一覧
管理ページ

2019年12月23日 12時01分37秒 更新

『親なきあとを考えるシンポジウム』参加報告

12月7日、別府市役所で「親なきあとについて考えるシンポジウム」が開かれました。別府市障がい者自立支援協議会の当事者部会と地域生活支援部会の主催で行われたもので、当事者部会の障がいのある人と家族、地域生活部会の相談支援専門員等がそれぞれの立場から問題提起を行い、徳田共同代表が講演を行いました。

親の立場からは以下のようなお話がありました。

「親なきあとが心配なのは、親が亡くなった後、子どもが人間として尊厳を持ってくれしていけるか不安があるから。意思疎通ができないと決めつけられて軽視されないか」
「ある母親から(障がいのあるこの子は)他の子が1日でできることを10年でできるようになる、すばらしい子だという話を聞き共感した」
「別府では福祉の現場で働いている障がい者がたくさんいるが、一方で働く場がない重度の障がい者も多い。親身になってくれる人がいないと暮らせないひともたくさんいる。どんなに障がいが重くても地域社会の一員として認めてほしい」
「最近グループホームで暮らすようになったが、元気で楽しんでいる。しかしグループホームが少ない」
「制度はあるが、申請しないと受給できない。手続きの簡素化と家族も含め、支援から漏れないようにしてもらいたい」
「入院時にヘルパーを利用できるように」
「親が入院したときに支援が必要。これまで家族で解決すべきものと苦労してきた」
「心ある支援員に出会うこと重要」
「親が生きていても子どもの自立に早すぎることはない」

当事者の立場から以下のようなお話がありました。

「生後5ヶ月から施設で生活生活してきたが、Eテレのバリバラでいろんな生活があることを知り衝撃を受けた」
「支援学校の先生から卒業したらどうするの?働かないの?と言われ、その後、重度障がい者でも働ける会社あると知り入社でき、自立生活をするようになった」
「入園生活が長かったので自立生活は想像できなかったが、守られた環境ではダメになると思った。一人暮らしをするというと園の人は反対したが、やってみないとわからないのにと思った」
「子どもの時から親と離れて暮らしてきたので、親なきあとは経験済み。親の役割は、地域の人の自分の子どものことを知ってもらうこと、つながりをつくってあげることが解決の第一歩だと思う」

徳田・だれもが安心して暮らせる大分県をつくる会共同代表は以下のように話しました。

「親なきあとの問題が解決しない大きな原因は、社会の側が重度の障がいがある子どもを見るのは親の責任だと決めてかかっていることにある。そして育てる親を美談の対象として、忘れ去ってしまうことが問題」
「条例をつくるときに1200人の障がい当事者や家族の声を聞いた。そのときに『がんばらんでいいという条例にして』という声が出た。そんなにいい親でなくていいと言いたい」
「本当に解決していくためには、子どもが独立した一人の人として社会のなかで生きる場を持っていることが大切。そのためには親が孤立せず、一人の人間として自らの人生を持ち、合わせて我が子が一人の人間として自立していく道をどれだけ自分が元気な間に築いていくかということがとても大事」「別府市では条例に基づいてつくられた検討委員会で6つの課題と10の施策を明らかにした。そのなかで、特にグループホームと地域社会でのつながりをどうつくるかが重要」
「可能な限り小さな単位、今の町内会の単位で、自分たちの地域にどんな人が住んでいて、その人はどんな特性があり、その人が社会で暮らしていく上でどんなことが求められているのかということを、自治委員や民生委員だけでなく、私たち一人ひとりが一緒にどれだけ考えられるか」
「別府はインクルーシブ防災に取り組んでいるが、その取り組み(個別避難計画作成等)をきっかけに自分たちの地域の障がい者を知りつながりを持つ、福祉関係者とのつながって地域福祉の中身をつくっていく」
「行政は本当に必要なこと、グループホームの設置や地域包括支援センター、障がい者相談支援センターの充実に予算をつけてほしい」
「青い芝の会の人たちが殺される側として『母よ殺すな』と呼びかけた。彼らは『われわれは答えを出さない』『答えは社会の側が出してくれ』と求めた。簡単に答えを出さず、これは私たち一人ひとりが考えなければならない課題だと、どれだけ多くの人に認識してもらえるかが大切だ」

 社会として、地域として考えていかなければならない問題だと思いました。

スポンサーサイト



2019年12月23日 12時01分37秒 in 障害者福祉
トラックバック (0) コメント (0)

  BLOGTOP  
リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

ようこそ since2011.3.7

RSSリンクの表示

QRコード

QR


   
copyright (c) ともに生きる all rights reserved.
Template by JDB