FC2ブログ
ともに生きる 誰もが安心して暮らせる地域をつくるための情報を届けたいと思います。あなたの情報もお寄せください。
全記事一覧
管理ページ

2013年05月23日 17時51分21秒 更新

6月8日、「障がい者重度訪問介護を考える」フォーラムが行われます

「障がい者重度訪問介護を考える」フォーラムが開催されます。

以下、在宅障害者支援ネットワークから送られたご案内を転載します。
 
 障がいがある人のためのホームヘルパー(訪問介護員)が不足しているという声が多く聞かれます。
 重度訪問介護を行っている事業所の集まりでは、「一人倒れれば苦しい。厳しい現状」、「ヘルパーがいない。夜勤を一人で対応している」、「ハローワークや求人誌に求人を出しても,男性の応募はあるが女性は問い合わせがない」、「女性は夜間の長い支援は厳しい面がある」などの声が出されました。(4月22日・大分市)

 理由としては、(1)障がいがある人のヘルパーという仕事が十分知られていない(2)ヘルパー講習が高齢者中心で障がい者支援が含まれていない(3)「重度訪問介護」制度を実施する事業所が少ない―など、多くの課題が考えられます。
 そこで6月8日、在宅障害者支援ネットワークの総会に合わせてフォーラム「重度訪問介護を考える」を開催することにしました。
 
 実際に地域で暮らしている方、支援している方、支援を受けるとともに支援を提供する事業者でもある方々に地域の現実を話していただき、これからどうすればいいのかを一緒に考えます。

 ぜひご参加ください。
 
1,日時 6月8日(土)13時~16時

2,場所 大分市 大分コンパルホール 4階 400会議室

3,第14回総会(13時から13時50分まで)

4,フォーラム「障がい者重度訪問介護を考える」(14時から16時まで)
・「私の思い」    山内裕子さん 吉田真知子さん
・シンポジウム
  パネリスト    宮西君代さん 川野陽子さん 寄村仁子さん
  コーディネーター 徳田靖之さん
関連記事
スポンサーサイト


2013年05月23日 17時51分21秒 in 障害者福祉
トラックバック (0) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://tomoniikiru508.blog137.fc2.com/tb.php/175-e4daa017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

ようこそ since2011.3.7

RSSリンクの表示

QRコード

QR


   
copyright (c) ともに生きる all rights reserved.
Template by JDB