FC2ブログ
ともに生きる 誰もが安心して暮らせる地域をつくるための情報を届けたいと思います。あなたの情報もお寄せください。
全記事一覧
管理ページ

2013年10月01日 11時10分45秒 更新

「障害のある人もない人も安心して安全に暮らせる別府市条例」成立しました。

 障がいがある人や家族を中心に市民も参加して取り組まれてきた別府市条例づくりが実を結びました。
 報告のメールを転載します。

以下転載

 別府市で大きな一歩が踏み出されたことを報告します。
 
 「誰もが安心して安全に暮らせる別府市条例をつくる会」が取り組んできた市条例づくりが実を結び、「障害のある人もない人も安心して安全に暮らせる別府市条例」が9月20日に別府市議会で全員一致で採択されました。市としては、さいたま市、八王子市に続いて全国で3番目です。
 
 この条例づくりは、市民の提案を受けて市長が制定を公約したことから取り組みが始まりました。
 市は障害者自立支援協議会のなかに、市民参加の「作業部会」を設置し、障がいがある人と家族も多く委員として加わりました。
 
 作業部会では自由な議論が展開され、その内容はすべて市のホームページで公開されました。
 部会ででき上がった「骨格案」は自立支援協議会から市長に答申され、これを受けて市は庁内検討委員会で「条例素案」をまとめて、パブリックコメントやタウンミーティングで市民の声を聞き、市内全中学校で1・2年生全員に説明して意見を聞く授業を行いました。
 
 障がい者や家族はもとより、市民や中学生の声も反映された画期的な条例づくりでした。
 

以下、同会事務局の河野龍児さんのご報告を転載させていただきます。

 「障害のある人もない人も安心して安全に暮らせる別府市条例」が、本日9月20日、別府市議会にて全会一致で採択されました。

 長い時間を要し、ようやくここまで辿り着きました。
 これもひとえにこの条例づくりにご参加頂きましたすべての方々の思いとご協力の賜物だと思います。

 みなさまの中には、ようやくスタート地点に立ったと思わている方も多いことと思います。
 要援護者支援のしくみづくりや親亡き後の問題を解決するためのしくみづくり等、具体的にやらなければならないことは山積みですね。
 本日の別府市障害者自立支援協議会全体会の会議の中でも、伊藤福祉保健部長さんが、同じような趣旨の発言をされていました。

 これからも多くの問題を解決するためにみなさんの英知をお借りしなければならないと考えます。
 どうぞこれからもご理解の上、ご協力を頂きますよう重ねてお願い申し上げます。

以上転載

 大分県条例づくりにおいても、別府市条例制定の取り組みも参考にしながら、今後の取り組みを進めていきたいですね。
 
 なお、別府市の条例の内容は同市のホームページで見ることができます(まだ正式の条例ではなく「素案」です)。
関連記事
スポンサーサイト


2013年10月01日 11時10分45秒 in 別府市条例づくり
トラックバック (0) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://tomoniikiru508.blog137.fc2.com/tb.php/181-4d247e52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

ようこそ since2011.3.7

RSSリンクの表示

QRコード

QR


   
copyright (c) ともに生きる all rights reserved.
Template by JDB