ともに生きる 誰もが安心して暮らせる地域をつくるための情報を届けたいと思います。あなたの情報もお寄せください。
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2013年10月09日 17時45分42秒 更新

10月12日、大分県条例をつくる会第17回世話人会

 だれもが安心して暮らせる大分県条例をつくる会の第17回世話人会が以下の日程で行われます。
 
 ◎第17回世話人会 10月12日(土)13時30分 大分市 コンパルホール3階 302会議室

 今回は、9月19日に大分県議会政策検討協議会で説明会を行ったことを受けて、12月県議会での請願署名提出、年度内の成立に向けた取り組みなどについて話し合われます。

以下は、第16回世話人会の報告です。

 だれもが安心して暮らせる大分県条例をつくる会の第16回世話人会が8月26日、大分市のコンパルホールで行われました。
 県内の各地から約50人が参加、熱心な話し合いが行われました。
 
 報告では、各地域で“タウンミーティング”などが取り組まれたこと、寄せられた請願署名が7000人を超えたことなどが伝えられました。
 また、県議会などとの話し合いも進み、超党派で条例成立に取り組むことになり、全会派がこのような条例が必要と考えていることも報告されました。
 
 一方で課題も多くあり、今後、県議会政策検討協議会への説明を行い、議会や県執行部との協議を行うなどの取り組みを進めながら、そのなかで経済関係団体なども含めた関係団体に条例素案の内容と制定の意義について説明していく方針が提起されました。
 そして、説明のための資料として“解説文書(逐条解説)”を作成することを確認しました。
 
 具体的な日程としては、県議会への請願の提出を12月議会に行い、年度内の成立をめざすこと、そのため請願署名の最終集約を11月20日にすることになりました。
 また、条例素案について「4.コミュニケーション支援の充実」の(2)の「手話通訳の充実およびそのための人材育成の推進」について、「手話通訳、要約筆記の充実およびそのための人材育成の推進」と要約筆記を加えることが了承されました。
 
 参加者からは、「条例づくりに参加して、障がいのことを考えてくれる人がたくさんいることがわかってうれしかった」、「条例づくりのなかで新聞等に紹介され、相談が次々に来る」、「地域で障がいがある人や家族が必要としているものをつくる取り組みを進めている」、「条例づくりを通して、障がいについて話す場が増えた。発信する意義を感じている」など、多くの声が出されました。
 
関連記事
スポンサーサイト


2013年10月09日 17時45分42秒 in 県条例づくり
トラックバック (0) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://tomoniikiru508.blog137.fc2.com/tb.php/183-1cc1351b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

ようこそ since2011.3.7

RSSリンクの表示

QRコード

QR


    
copyright (c) ともに生きる all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。