FC2ブログ
ともに生きる 誰もが安心して暮らせる地域をつくるための情報を届けたいと思います。あなたの情報もお寄せください。
全記事一覧
管理ページ

2015年07月28日 11時21分08秒 更新

だれもが安心して暮らせる大分県条例をつくる会第26回世話人会のご案内(転載)

だれもが安心して暮らせる大分県条例をつくる会第26回世話人会のご案内を転載します。

以下転載

県条例をつくる会世話人・会員の皆様
ご理解ご協力をいただいている皆様
関心をお持ちの皆様

 だれもが安心して暮らせる大分県条例づくりにご理解とご協力をいただいていますことに心より感謝申し上げます。
 
 条例づくりは、7月10日に開催された県の第3回条例検討協議会で、条例素案の修正案が県から示され、幅広い団体の代表による率直な意見交換が行われました。
 
 条例をつくる会の徳田共同代表は、「この条例づくりは、国連の障害者権利条約と多くの障がいがある人や家族の声から始まり、2万1千人の請願が県議会で採択されたことによって進んできた」と指摘した上で、(1)前文には、条例の意義を県民に理解してもらうために生の声が必要(2)「障がいの定義」は国連障害者権利条約の考え方にもとづいた“社会モデル”で(3)障がいがある女性の声を受けとめた条項が必要(4)市町村格差を是正する視点を(5)地域相談員制度は県民の参加のためにも必要-などの意見を述べました。
 
 平野自閉症協会会長(条例をつくる会共同代表)も、(1)差別は不利益取り扱いだけではない(2)自立は人の世話にならないことではない。支えを受けながら自分で生き方を決めていく自立を定義すべき(3)“社会モデル”の考え方を理念に入れるべき-などの意見を述べました。

 すべての委員から、多くの重要な指摘が行われ、県はこれらの声を受けてさらに修正作業を行うことになります。
 
 徳田共同代表が最後に要望したように、「すぐにできなくても、こんな大分にしようよという気持ちを込めて、大分県民の志を示すものとしてつくっていただきたい」という思いを受けとめた条例が実現するのかどうか、非常に重要な段階に入っています。
 
 このため、8月2日に第26回世話人会を開催し、5月の第4回総会以降の取り組みと課題について報告し、今後の取り組みの方向を話し合いたいと考えます。
 
 ご多忙と存じますが、ぜひともご参加いただきますようご案内申し上げます。
 
 
第26回世話人会

 日時 8月2日(日)13時30分
 場所 大分市 大分コンパルホール 302会議室
 
***************************
 だれもが安心して暮らせる大分県条例をつくる会

  大分市都町2丁目7-4 303号 在宅支援ネット気付
  TEL 097-513-2313 FAX 097-529-7212
  ホームページ http://daremoga-oita.net/
  E-mail    info@daremoga-oita.net
***************************
関連記事
スポンサーサイト


2015年07月28日 11時21分08秒 in 県条例づくり
トラックバック (0) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://tomoniikiru508.blog137.fc2.com/tb.php/219-486c6f6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

ようこそ since2011.3.7

RSSリンクの表示

QRコード

QR


   
copyright (c) ともに生きる all rights reserved.
Template by JDB