ともに生きる 誰もが安心して暮らせる地域をつくるための情報を届けたいと思います。あなたの情報もお寄せください。
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2016年01月12日 11時57分25秒 更新

大分県議会を傍聴しました。

 12月9日、大分県議会の一般質問で土井昌弘県議が条例について質問しました。土居県議は条例をつくる会が発足して障がいがある人や家族1200人の声を聞くアンケートを行い、それにもとづいて会の条例案がつくられ、県議会への請願が行われたこと。県議会が全会一致で請願を採択し、県が条例検討協議会を設置して条例案をまとめ、パブリックコメントが行われたことなど経過をわかりやすく説明した後、今後の日程とパブリックコメントの結果について質問しました。
 県の草野福祉保健部長は、この条例案の特徴として障がい者や家族の生きづらさや「親なきあと」の問題、性・結婚・出産などの問題を障がい者や家族からいただいた生の声に基づき記載をしていることをまずあげました。
 さらに、パブリックコメントでは129件の意見が寄せられ、「差別を禁止するだけでなく、差別が生じないよう啓発・研修の充実が必要」などの意見が寄せられ、今後はこうした意見を参考にしながら来年の第1回定例会上程に向け所定の準備を行っていくとともに、条例案の策定にあたっていただいた障がい者の思いや、ご意見を肝に銘じ、障がい福祉行政を進めていきたいと答弁しました。
 土居県議は続いて、具体的な内容について以下のような質問を行いました。

「障がいのない子の教育も重要」 
 障がいがある子への教育だけでなく、障がいがない子への教育も重要だ。オランダでは共生社会(インクルージョン)について教えているが、日本ではできていないが、大分県ではすべての児童を対象に教育の場をつくるべきだ。

「解決策を政策に生かせる調整委員会に」
 調整委員会については、障がいがある人が抱える問題の解決策をぜひとも政策に活かして、地域福祉の施策につなげていく必要がある。(草野部長の答弁「広く関係者で共有するとともに施策にもつなげていきたい」

「自治体職員等の研修が重要」
 啓発活動の推進の項では、県民の理解とともに、県・市町村職員、医療、福祉関係者等の研修が重要。また合理的配慮は事業者の理解を広げることも重要と指摘。(草野部長「条例は4月1日に施行したいが、差別解消法が施行されるので2月にフォーラムを開き理解を広げたい。3月議会で可決していただければ、実効性が大事なので、リーフレットに生の声を入れたり、講演会を開くなど取り組みたい。事業者は検討委員会にも入っていただきかなり理解は進んだと思うが、入っていない団体にも説明していきたい。行政職員も一番大事だと思っているので、しっかりやっていきたい」と答弁)
 
 最後に土居議員は、最後に以下のように述べて質問を終わりました。

 この条例案は単に国の差別解消法にもとづいた条例ではありません。この条例案は障がいのある人もない人も、多くの県民が力を合わせ心も合わせて知恵を絞りながらつくろうとしたものです。県民の皆様は、県民のすべてが自分の問題として感じられ、誰もが当てはまる自分らしく生きることにアプローチする条例を待ち焦がれています。パブリックコメント終え、今議会で議員からの意見を聞き、これから条例案の最終調整に入っていくと思います。ぜひとも、最終の検討を済ませ、よりよい形で議会に議案として上程していただきたいと願っています。
 条例案の前文部分は、条例をつくる会の皆さんや障がいのある方々の声を反映した大分県独自の素晴らしい内容になっています。県の責務で障がいのある人の性や恋愛・結婚・出産・子育て、そして「親なきあと」の問題にまで言及しており、全国どこにもない画期的なものです。
 この条例案の作成過程も重要でした。県民と行政と議会とが関わり合ってつくったのは、私は県政史上初めてではないかなと思っています。この事は、今の県民目線の県行政の一つの金字塔だと考えています。だからこそ、「障がいのある人もない人も心豊かに暮らせる大分県づくり条例」の制定に大いに期待を寄せている一人です。障がいのある人もない人もすべての人々を包み込む世界が大分県にいつの日か実現することを心底願って質問を終わります。

 傍聴した人たちは、「私たちの思い、願いを届けてもらえた」、「すばらしい質問だった」と話していました。
 
 条例づくりが県議会の皆さんとの共同作業でもあることを実感できた質問でした。
関連記事
スポンサーサイト


2016年01月12日 11時57分25秒 in 県条例づくり
トラックバック (0) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://tomoniikiru508.blog137.fc2.com/tb.php/228-aabe51e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

ようこそ since2011.3.7

RSSリンクの表示

QRコード

QR


    
copyright (c) ともに生きる all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。