ともに生きる 誰もが安心して暮らせる地域をつくるための情報を届けたいと思います。あなたの情報もお寄せください。
全記事一覧
管理ページ

--年--月--日 --時--分--秒 更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--年--月--日 --時--分--秒 in スポンサー広告
トラックバック (-) コメント (-)

2016年04月04日 10時36分33秒 更新

4月10日(日)、「大分県条例」成立報告総会が行われます

案内文を転載します。

 皆様にお力添えをいただいてまいりました大分県条例づくりが実を結びました。
 条例は3月25日、大分県議会の平成28(2016)年第1回定例会で『障がいのある人もない人も心豊かに暮らせる大分県づくり条例』として全会一致で可決され、成立しました。
 前文には、「障がいのある子の親が子を残して先に死ぬことはできないと切実に思い悩む等障がいのある人やその家族が社会の中で暮らすことに困難を感じ苦しんでいる状況が存在する」という切実な思いが書き込まれ、県の責務として「県は、障がいのある人の性、恋愛、結婚、出産、子育て、親等生活を主として支える者が死亡した後の生活の維持及び防災対策に関する課題その他の障がいのある人の人生の各段階において生じる日常生活及び社会生活上の課題の解消に努めるものとする。」ことが明記されました。
 全国に例がない、障がいがある人やその家族の思いを書き込んだ条例になっています。これらはすべて、皆様が条例をつくる会の会議やアンケート、聞き取り調査などで声を上げた思いが反映されたものです。一方で、私たちが提案した“ポストの数”の「地域相談員」制度は取り入れられず、またすべての子どもたちへの障がいに関する教育や障がい当事者や家族の政策決定過程への参加なども実現していません。しかし、私たちは条例づくりを通して、私たち自身が声を上げ自ら行動し、障がいについての理解を広げ、行政など様々な人と連携して取り組んでいくことの大切さを実感しました。
 総会では、成立した条例をみんなで読み、条例づくりの経過を振り返り、条例に込められたもの、条例に足りないものを再確認しながら、私たち自らの地域で、これからどのように生きていくのかを一緒に考えたいと思います。
 これまで、理解と関心をお寄せいただいたずべての皆様に総会のご案内をお届けいたします。ぜひご参加いただきますよう心よりお願い申し上げます。

    だれもが安心して暮らせる大分県条例をつくる会
        共同代表 阿部 実・徳田靖之・平野 亙・宮西君代・湯澤純一・寄村仁子

 ○だれもが安心して暮らせる大分県条例をつくる会第5回総会
   日時 4月10日(日)14時
   場所 大分県総合社会福祉会館 4階大ホール
   内容 条例の報告・リレートーク・方針提案「条例のこれから・わたしたちのこれから」 等

関連記事
スポンサーサイト


2016年04月04日 10時36分33秒 in 県条例づくり
トラックバック (0) コメント (0)

コメント一覧

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

この記事のトラックバックURL

→http://tomoniikiru508.blog137.fc2.com/tb.php/233-621aa019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

  BLOGTOP  
リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

月別アーカイブ

ようこそ since2011.3.7

RSSリンクの表示

QRコード

QR


    
copyright (c) ともに生きる all rights reserved.
Template by JDB
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。